【 千畳閣 】

千畳閣は、戦で亡くなった者への供養として毎月一度千部経を読誦するため、豊臣秀吉が天正15年(1587年)に安国寺恵瓊に建立を命じた大経堂です。
明治の神仏分離令により仏像は大願寺に遷され、秀吉公を祀る豊国神社となりました。<案内板から>

隣には、厳島神社からも見える五重塔があります。

2008年8月24日
 
石段を少し上ると、
千畳閣
千畳閣です。
隣には五重塔(重要文化財)があります。
境内から厳島神社方向の画像です。
五重塔と千畳閣の位置関係です。
3つ上の画像は千畳閣の向こう側(西側)からの画像です。
豊国神社
上の画像と同じ方向、東側から見た千畳閣です。
千畳閣の南側は、床下を通り抜けられます。
真ん中辺まで進んで、右を向いて床下を写したのが、
この画像、千畳角の床下です。
背伸びして、東側から写した内部です。

PAGE TOP