【 函館駅と摩周丸 】

白鳥15号で函館駅に到着したあと、駅内や駅近くに展示されている「摩周丸(国鉄青函連絡船で使われていた船舶)」の外観などを写しました。

(2010年6月26日訪問)
 
18:04頃、八戸から乗ってきた白鳥15号。
白鳥15号と、函館駅の線路終端部。
別角度で、白鳥15号と、函館駅の線路終端部。
6願ホームから出たところにある壁。
改札口方向へ向かい、途中で振り返り、上の画像の壁を写しました。
こちら(改札口側)から1・2番線、3・4番線、5・6番線、7・8番線と並んでします。
上の画像を写したところで、改札口方向です。
改札口。
駅のコンコースを2階から写しました。
この画像は27日9:50頃に写したものですが、4番線に停車中のキハです。
キハの車内は国鉄の雰囲気、懐かしい・・・。
「サボ(サイドボード:行先票の略)」も国鉄の頃と同じ・・・。
18:10頃、駅の前面です。
18:18頃、摩周丸の外観を見に行きました。
18:20頃、別角度です。
18:20頃、別角度です。ここは第一岸壁の跡です。
18:23頃、摩周丸の近くに展示されていた大錨(津軽丸のもの)とD51の動輪です。
3つ上の画像は、この画像の右側に写っている艀付近(橋脚の横付近)から写しました。
上の画像の近く(摩周丸寄り)にある大雪丸の大錨。
大雪丸の大錨付近から写した、可動橋跡と摩周丸船尾です。
摩周丸の船尾です。
上の画像を写したところで振り返って、函館駅(橋の下部に写っている建物)方向です。

PAGE TOP