【 信濃川下り(宮中〜岩沢)その1 】

2006年6月3日(土)、曇りのち晴れの天気予報なので、かねてからやろうと思っていた「宮中ダム〜岩沢(魚沼橋)」までの川下りをやりました。

越後岩沢駅を8:01に出る飯山線に乗って十日町駅に8:17着、十日町駅8:39発で越後田沢駅8:54着、越後田沢駅からタクシーで宮中ダムまで行きました。

9:40に川下りを開始し着いたのが17:20、7時間40分の船旅でした。
「下る」といっても、流れが無いようなところがほとんどですからオールをこぎ通しでした。流れがあるところも石が出ていたりするので、コースどりのためにこがなければなりませんし・・・・。

思いのほか時間がかかってしまいましたが、その理由は、「途中石が出ていたりで4回ほどボートを降りて運んだこと」と「川下から風が吹いていたこと」だと思います。ゴムボートは風の影響を受けやすいうえに川面が波立っていて、こいでも進みにくいんのです。無風なら6時間、追い風なら5時間くらいだったと想像します。

魚沼橋から妙見堰まで下ったときは「ボートを降りて運ぶ」ことは無かったのですが、今回は「水はそこそこあったものの急流の上に大きな石があったところが1箇所」、「水があまり無くてしかも急だった所が2箇所」、「大きな石は無く急でもないけれど水量が少な過ぎたところが1箇所」でした。

結構大変な旅でした^^;)。


宮中ダムの右岸側に到着しました。
袋の中にゴムボートが入っていますが、結構重いんです・・・。
持参した食料はピーナッツクリームパン1個、バナナ1本、500mlのお茶2本、カロリーメイト1箱(4ブロック入)。

河原でゴムボートを膨らまして・・・。
 

ライフジャケットをつけて、準備完了です。
(ちなみに当日は単独行動ですから、セルフタイマーで撮っています。)
9:40に出航しました。

宮中ダムのゲートを身近で見ることが出来ました。

一箇所だけゲートが少し開いています。
こんな写真を写していると、ダムの天端から係員らしき人がハンドマイクで警報を鳴らしてきました。
立ち去るようにということなんでしょうから、撤収しました。速やかに

宮中ダム300mほど下流側にある「宮中橋」ですが、橋脚の辺りはちょっと急流のようです。

上の画像の橋をくぐって、下流側からその橋と宮中ダムの画像、9:54です。

その15分後にも結構厳しい流れがありました。
その場所を下流側から写しましたが、まださっきの橋が見える場所です。
先が思いやられます・・・。

11:16には、ご覧のようにボートで下れないような状況の場所に・・・。

11:40、国道117号と県道49号線を結ぶ「姿大橋」を通過します。(橋の上流側からの画像)
出航から2時間経過です。

11:40、上の画像の橋のそばに、水でえぐられたような岩がありました。

11:55、「姿大橋」を下流側から写しています。

12:07、このくらいの流れがあると、川下りにちょうど良いのですが・・・。
まだこの辺りでは、体力的にも気持ち的にもちょっと余裕があります。
「そろそろメシにしようかなぁ」などとつぶやきながら、ピーナッツクリームパンとバナナを食べたのでした。

続きは「その2」をご覧下さい。


PAGE TOP