【 不動寺の桂林(かつらばやし)と石仏の整備 】

2人の知人と共に、地域にある「桂林(かつらばやし)と石仏の整備」を行った。
自画自賛ではあるが、見違えるようになったと思う。
整備前と整備後の画像を写した。

  5月28日(作業者:私Aべ) 12:30〜17:00頃まで
10体ある石仏の台座を掘り起こして水平に設置し直した。
2対の石灯篭の台座を掘り起こして水平に設置し直し、その上に石柱を立てた。(石灯篭の上部は一人では載せられないので、29日の作業を待つことにした。)


  5月29日(作業者:ミッキー代表、Oリタ君、そして私Aべ) 9:30〜11:30
境内の杉の葉や折れた木の枝を撤去した。
石灯篭の上部を載せた。
石仏・石灯篭について、コンクリートで接着・補強するべきところを実施した。

(2011年5月28・29日訪問)

桂林全体像です。
この画像右の道路を進んで、カーブの手前で左を向くと、次の画像です。

桂林入口です。
この画像も、上の画像も作業前の画像です。

整備前:正面遠景
境内は杉の葉と枯れ枝で一杯でした。

整備後:正面遠景

整備前:正面近景
石灯篭は上部だけが地面に置かれている状態でした。

整備後:正面近景
 

整備前:向かって左から
石仏は傾き、台座から落ちているものもありました。
台座はほとんど土に埋もれていました。

整備後:向かって左から

整備前:3体の石仏
右下の石仏は台座も埋もれて傾き、右側の三体の石仏は倒れていました。

整備後:3体の石仏

整備前:1体の石仏(画像左側)
画像左の石仏は倒れていました。

整備後:1体の石仏(画像左側)

整備前:向かって右から

整備後:向かって右から

PAGE TOP