【 小指 不全切断 】

不全切断とは・・・。
このページは、皆様にお見せするためというよりも、むしろ自分の記憶のために残しています。

会社で仕事中に、小指に怪我(不全切断)をしてしまいました。いや、後で書くように、負わされてしまったという方が正確です。
右手の小指の第一関節から先を、フォークリフトの昇降部に挟んだもので、その直後に指を見た時は、何故か「あぁ・・・、やってしまった。これでもうオカリナを吹けなくなるな・・・。」と思いました。

近くの診療所に行きましたが処置できず、柏崎市街地にある群病院の整形外科を紹介してもらい、病院に着き次第に手術という手配を取ってもらいました。

病院での診断は「右小指不全切断」というものでしたから、その時点で切断には至っていないものの、手術の過程で「第一関節は駄目になっているから、その部分を削って未節(指先と第一関節の間)と中節(第一関節と第二関節の間)をつなぐことにする。」ということになりました。
第一関節は、関節が無くなってしまうのですから、曲がらなくなってしまうわけですが、指がついているだけましだと思いました。

一方で悔しいのは、怪我の原因を作った者から一言の謝罪もないことです。
その者は、その時フォークリフトを運転していた会社の上司ですが、その後フォークリフトの運転資格がないことが判明しました。
しかも、その者の指示で、(後でわかったことですが)やってはいけない作業をさせられ、さらにその者はその時飲酒の影響があったのです。

その時は、フォークリフトの爪で刺したパレットの上に乗るように指示され、高所で作業をさせられましたが、それはやってはいけないことだったのです。
しかも、前述のように、酒の影響があってかイライラしているようで、そういう危険な状況にもかかわらず、フォークリフトの運転席から早くやるように喚いていました。

私の右手小指はそのような状況で、負傷させられたのです。
にも拘らず、「すまなかった」の一言もない。
それどころか、会社の近所の人から聞いた話によるとその者は、怪我をした私が悪かったと言いふらしていたというのですから、悔しさでいっぱいです。

手術前の画像はこちらですが、本人が今見ても気持ち悪いですから・・・、ご覧になる場合はご注意を。
   ↓
小指 不全切断


12月14日(水)11:20頃に怪我をし、会社の同僚に診療所まで送ってもらいました。
11:30くらいに診療所について、洗浄・レントゲン撮影などを行い、群病院への手配をしてもらいました。
同僚に診療所まで迎えに来てもらい、会社に寄ってから、12:00頃会社を出て病院へ向かいました。
病院には12:35頃に着きましたが、受付がもたついて(私の免許証を渡したのに、生年月日を間違えた診察券を作ってしまい、作り直していました。少しでも早く処置してほしいのに・・・。)、整形外科の外来に着いたのは12:50頃でした。
その後、医師の診察・説明、レントゲン撮影などを行い、手術は15:00頃〜16:30頃でした。

その日から12月23日の退院まで、10日間の入院でした。
退院後、12月26日と12月29日と1月4日に通院し、次は1月10日です。

1月5日以降の様子はこちらでどうぞ→小指の怪我その後

(2011年12月14日〜2012年1月4日)

12月20日8:00頃、東4階病棟422号室は6人部屋でした。

10日間お世話になったベッド。



12月20日17:44頃、夕食です。
 

12月21日10:22頃、回診の時に写しました。

同上

12月22日10:12頃、回診の時に写しました。

同上

12月22日17:44頃、夕食です。

12月27日の様子です。
前日の26日に抜糸し、患部をお湯につけても良いと言われ、洗面器にお湯を入れて温めていましたが、
今日は浴槽にもつけてゆっくりと温めました・・・。

同上

同上

同上

同上

同上

同上
糸が2か所残っていますが、29日の通院の時に取ってもらいました。
 

同上

1月4日、通院した際にレントゲンを写しました。
医師にお願いして、その写真を撮らせていただきました。

同上

1月4日、風呂上がりの様子です。

同上

同上

同上

PAGE TOP